UCCビューティフル

メニュー

脱毛サロンで受けることができる光脱毛は痛みを感

脱毛サロンで受けることができる光脱毛は痛みを感じないという風説があるようですが、施術の性質上、完全に無痛ということはなさそうです。
とはいえ、家庭で使用するタイプの脱毛機器や、医療系脱毛クリニックの、強力なレーザー脱毛に比べれば小さな痛みです。
施術者の技術だったり痛覚の個人差などでどう痛みを感じるかはまるっきり異なりますから、例えば安くて気軽に受けられるサロンの体験コースなどでどんなものなのか経験してみて、本格的に利用するかどうか判断すると良いでしょう。
産毛に対しては、光脱毛の場合はそんなに効果を得られないとされているようです。

光脱毛においては、その光は黒色に対し反応しますから産毛のような色の薄い毛の場合はそれほどの反応は期待できません。

その脱毛サロンで採用してるのが光脱毛だとしたら、顔脱毛を受ける場合は、脱毛技術のしっかりしている店を選ばないと後々、肌トラブルなどで後悔しかねません。

サロンで脱毛施術が無事終わった直後は肌が刺激にさらされないように注意を怠らないでください。
受けた脱毛施術が、どんなものであっても、わずかな刺激に対してでも肌は過敏に反応してしまいます。日の光に当たったり、お風呂場のお湯がかかったり、誰かにマッサージをしてもらったりすると、お肌が過剰に反応してしまうことが多いです。脱毛施術時に受けた指示に、従うよう心がけましょう。
いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステを利用しても自分が満足いく状態に仕上がるまでにかなり時間をかけなければならないようです。例えば普通の毛質の人が12回ほど通うことで脱毛を完了させられるとすると毛深い人は16〜18回ほど通うことになるかもしれないのです。
できれば時間はかけたくないという人は、医療系の脱毛クリニックを選んだ方が期間は短く済むことでしょう。ただ、クリニックの機器はパワーが大きく、痛みが多少強く感じるかもしれません。この前、親友と共に気になる毛を綺麗にするために脱毛サロンに行ってきました。

正規の会員としてではなく、お試し体験に行ったんですが、イチオシのメニューを聞くと、やっぱり全身脱毛コースと言われました。サロン自体もお洒落な雰囲気で待ち時間もいい気分で過ごせました。施術も丁寧でスタッフの愛想も良く、とても魅力的な内容でした。脱毛エステの痛さはどうなのか気になると思いますが、辛くなるような痛みはほとんどないようです。



たとえとしてよく見聞きするのは、肌を輪ゴムでパチンとはじいた時の痛みと近いと言われます。とはいえ、脱毛箇所によって痛いという感覚に差がありますし、個々人によって痛みに強いかどうかにも差があります。

契約書にサインする前にトライアルコースなどを試してみて、継続可能な痛みかどうか、見極めてください。自宅でムダな毛の処理を行っていると、ほぼ確定的にシミとなって残ります。



一点のみ色が変わってしまうと、肌に違和感を覚えてしまいますから、色素沈着を起こさない処理方法を選択するよう心がけてください。

しかし、跡が残ってしまった時は、光を使った脱毛を行い、肌を修復させる方法を活用してください。



皮膚科などの病院で施術される医療脱毛は安心できる一方で、脱毛サロンとかエステで受ける脱毛より刺激が強く、痛みに弱い人には向かないとされますが、照射するレーザーの種類により痛みの強さを変えることができます。

痛みに弱い人こそ、レーザーの種類を調整してくれる脱毛クリニックに一度お試しで行ってみるといいでしょう。
よく冷やした皮膚にレーザーを当てると、驚くほど痛みをほとんど感じません。

病院での脱毛は安全性が高いとされていますが、そういうことだからといって全くリスクがない訳ではありません。

医療用脱毛でも、火傷、ニキビや毛濃炎などの危険性があります。医療機関での脱毛に限らず、こういったリスクはエステ脱毛でも起こりうるものです。脱毛をする場合は、ちょっとでも評判がいいところで施術をしてもらってください。脱毛サロンに行ったら、綺麗な脇や足になれるし、施術を行うエステティシャンの方と楽しくお話できるし、いいことばかりだと思います。
問題点としては、いっぱいお金が必要なことです。
その上、脱毛サロンによっては、何度も勧誘されてしまうこともあります。でも、近頃では、強引な勧誘は禁止されているので、きっぱりと断れば、問題ありません。

関連記事